ミクシィ,招待
ミクシィしんでいますか・・・?
ミクシィ,招待


TOPページ未分類>ゴルフ@テークバックを改善してスコアアップを目指そう
2012年04月13日

ゴルフ@テークバックを改善してスコアアップを目指そう

テークバックがダメと言い切る体重移動の間違い

テークバック

ミスショットが多いと言う人の原因の8割はテークバックです



クラブヘッドがトップに行った時に、ショットは決まるのですが、
ここを改善しなくてはいつまでも曲がって行ったりミスショットを続けてしまうのです。


飛距離を出したいばかりに肩を大きく回して頑張っているのであれば、それは大きな間違いです。

そもそも多くの人が体重移動を重視しています。

しかし残念ながら、それが間違っているのです。

体重移動をすることで、ボールは曲がって行ってしまうため、
飛距離はよくても曲がって行き、思うように飛んで行ってはくれないのです。

テークバックでは、左足加重70〜75%のアドレス。

そして80〜85%のトップで体を立っている状態にして左ひざを上手に使うのがポイントです。


体重移動の考え方変えることで、あきらかに違いがでてきます。

慣れないことをするのは難しいと思うかもしれませんが、
体がしっかりと基本を覚えていくことで、曲がることなく自然に飛距離もアップしていくことに繋がります。

テークバック

テークバックを改善して、スコアアップを目指しませんか?



レッスンに通っても伸び悩んでいたゴルフのスコアがあっさりベストスコア87になった方法を無料公開中

気になる内容の一部は・・・

 

その1 「再現性の高いスイング法」


日本で教えられているような、体重移動と脊椎を中心軸とした回転を利用するスイング法では、
コンスタントに同じスイングを再現することは不可能です。

人間は精密機械じゃありませんから、少しの感情や環境の変化によって、このタイミングが狂ってしまいます。

しかし、このスイング法なら、あなたが何歳であっても、
一度身につけたフォームが崩れず、何度でも正確なスイングを再現させることが可能になります。

スイングが安定すれば、弾道や飛距離も安定するわけですから、当然スコアが崩れるということも少なくなります。

その2 「まっすぐ飛ぶ!飛距離が伸びる!」


このスイング法では、ヘッドの軌道が描く弧がゆるやかなため、ボールをヘッドの芯でとらえやすく、
しかもヘッドの向きがぶれにくいので、まっすぐ飛んで、しかも飛距離も伸びます。

また体重移動や回転による遠心力に頼るような力技でもありませんので、
軽く打っているのに飛距離は伸びるという感覚を実感していただけます。

体にも心にも優しいスイングで、ゴルフを楽しんでください。


⇒ 今すぐ「再現性のあるスイング法」を無料で読む!




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


omzy_07h at 17:32│clip!未分類